お部屋探しの前に…




いらっしゃいませ(^^♪
ここでは「お部屋探しのコツ」について少しだけ、お話させてください。


【予算】=【家賃】

まず、お部屋を探す前に一番重要なこと・・・それは【予算】です。
毎月払うものですから無理な設定はやめましょう。
一般的によく聞く言葉が「給料の3分の1以内」という言葉です。手取りの3分の1だと理想的です。
あくまでも目安ですが、自分の収入から差し引かれる費用(生活費)を考えた上で一番望ましい金額と言われております。
家賃を考えるときは共益費・管理費等、込みで考えると良いと思います。


【間取り】

現在、住んでいる部屋の間取りを思い浮かべながら、広さを十分把握して、自分が必要な生活空間を探して見てください。
現在、持っている家具、これから欲しい家具の配置を考えて探しましょう。


【通学や通勤の距離】

「学校や職場の最寄り駅」と「物件の最寄り駅」をまず考えます。
それから重要なのは「物件から最寄り駅までの距離」です。
駅から離れれば物件の価格は下がる傾向にありますが、どのくらいの時間の範囲なら毎日の通勤、通学に支障が出ないのか…。
これは毎日の事なので非常に重要です。
要注意なのは自転車やバスを利用する場合です。
天候や渋滞などの影響で、平常時と比べてどの位、タイムロスが生じるのかを調べてみましょう。
多少遠くても、歩くのが苦じゃないなら問題はありませんが、そうじゃなければ希望エリアからちょっと家賃が下がるエリアまで駅を変えても「駅近物件」に住んだ方が通勤が短かった…なんてことも起こるのです。


【室内設備】

バス・トイレ別、ベランダ、フローリング、出窓・・・。
希望を100%叶えてくれる物件というのは予算に関係なく、かなり少ないと言ってよいでしょう。
お部屋を探すときには「これだけは在ってほしい」という物の「優先順位」を自分で決めておきましょう。


☆【お部屋探し】

大体の「vision」が見えてきたら「お部屋探し」に出掛けましょう。
物件は図面だけではわからないことがたくさんあります。
室内の設備、近隣周辺の雰囲気、歩く道すがらの環境など、お部屋の中だけではなくチェックすると良いでしょう。
図面だけで判断をせずに少しでも気になる物件は、お部屋の内見(ナイケン)をすることをおススメします。
お部屋は築年数やネットの写真では判断できない事がたくさんあります。
広さ(平米数ではなく)や間取り、収納、内部の手直しの状況でかなり差が出ます。
築年数や外観にまどわされることなく、暮らしをイメージしてお部屋を見て決めましょう。


☆【気になるお部屋が見つかったら…】

気になっているお部屋があるならもう一度、見に行ってみましょう。
天候や時間が最初に見たときと違うと変化も体感できますね。
もう一度、見ることで、より冷静にそのお部屋を見ることができます。
その際、疑問点はクリアにしておきましょう。


【契約したい!!!】

気持ちが固まったら不動産会社へ連絡して、所定の手続きを取ります。
その際に記入する「入居申込書」はなるべく空欄が無いようにしましょう。
その場で埋められない場合、一度、持ち帰って記入する余裕を持つことが大切です。
申し込んでからキャンセルする方がたまにいらっしゃいますが、気持ちが固まるまで「申込書」は絶対に提出しないようにしましょう。
迷っているなら申し込みの意思は早めに撤回してください。
契約までに用意するものは自分の住民票(入居者全員)、保証人の印鑑証明書、所得の収入証明書、契約費用等です。
上記は比較的、どこの不動産会社でも求められることが多いため、用意しておくと契約までの時間ロスが少ないでしょう。



☆【契約費用】
契約費用の詳細は各地方によって差があるようですし、保証会社などでも変わるので図面をよく見るようにしてください。
「敷金」・「礼金」・「前家賃」・「共益費(雑費)」・「仲介手数料」・「火災保険」というのが主な明細です。


TOP

kumakura-kaishagaiyou.htmlへのリンク